過払い金

過払い金請求のデメリットとは?過払い金請求をするときの注意点はある?

「お金を取り戻せるなら過払い金請求をしたいけど、過払い金請求にデメリットはないの?」と不安に思う方は多いのではないでしょうか。

過払い金請求をしても借金が残らなければ、デメリットはほとんどありません。また、弁護士に過払い金請求を依頼すれば、家族や会社にバレる可能性は低いです。

しかし、借金を返済中の場合に過払い金請求をしたら、借金が残るとブラックリストに載ってしまうため注意しなければなりません。

ここでは、過払い金請求のデメリット・メリットと過払い金請求の注意点をご説明いたします。

目次
  1. 1. 過払い金請求のデメリット・メリット
    1. 1.1. 借金を完済している場合のデメリット・メリット
    2. 1.2. 借金を返済中の場合のデメリット・メリット
  2. 2. 過払い金請求での任意交渉と裁判のデメリット・メリット
    1. 2.1. 任意交渉で過払い金請求をするデメリット・メリット
    2. 2.2. 裁判で過払い金請求をするデメリット・メリット
  3. 3. 弁護士や司法書士に過払い金請求を依頼するデメリット・メリット
    1. 3.1. 弁護士や司法書士に過払い金請求を依頼するデメリット
    2. 3.2. 弁護士や司法書士に過払い金請求を依頼するメリット
  4. 4. 自分で過払い金請求をするデメリット・メリット
    1. 4.1. 自分で過払い金請求をするデメリット
    2. 4.2. 自分で過払い金請求をするメリット
  5. 5. 過払い金請求をするときの注意点
    1. 5.1. 過払い金が発生しない場合もある
    2. 5.2. 借金を完済してから10年経っている(時効になっている)
    3. 5.3. 貸金業者が倒産している
    4. 5.4. 貸金業者の経営状態によって取り戻せる過払い金が少なくなる可能性がある
  6. 6. クレジットカードの過払い金請求で注意すること
    1. 6.1. ショッピング枠の支払いが残っている
    2. 6.2. 公共料金などの支払いをクレジットカード払いにしている
    3. 6.3. クレジットカードのポイントが残っている
    4. 6.4. クレジットカードにETCカードが紐づいている
  7. 7. 過払い金請求をするなら弁護士に依頼するのがおすすめ

過払い金請求のデメリット・メリット

過払い金は払いすぎた利息のことで、過払い金請求をすることによって払いすぎた利息を取り戻すことができます。

よく過払い金請求をするとブラックリストに載ってしまうと不安に思う方がいらっしゃいますが、過払い金請求をすることでブラックリストに載ることはありません。しかし、借入状況によってはブラックリストに載ってしまう可能性があります。

過払い金請求のデメリットは、過払い金請求をした貸金業者から借入することができなくなることです。また、クレジットカードを過払い金請求した場合は、過払い金請求をしたクレジットカードが利用できなくなります。

一方、過払い金請求のメリットは、過払い金請求をすることで払いすぎた利息が戻ってくることです。

過払い金請求のデメリット・メリットは、借入状況によって異なります。それぞれ詳しくご説明いたします。

併せてチェック!

借金を完済している場合のデメリット・メリット

借金を完済している場合は、デメリットはほとんどありません。また、過払い金請求をすることでブラックリストに載ることはありません。

しかし、完済してから10年経つと時効になります。時効になると、過払い金を取り戻すことが難しくなるので注意が必要です。

借金を完済している場合は、一日でもはやく過払い金請求しましょう。

併せてチェック!

借金を完済している場合のデメリット

借金を完済している場合のデメリットは、次の通りです。

  • 過払い金請求をした貸金業者から再び借入することはできない

過払い金請求をした貸金業者から再び借入することはできなくなりますが、他の貸金業者からは借入することができます。また、クレジットカードの場合は、過払い金請求をしたクレジットカード会社のカードだけでなく、同じ系列会社のクレジットカードも利用できなくなります。

しかし、クレジットカード会社によっては、再び新規申込をすることでクレジットカードを発行できることもあります。

また、公共料金など過払い金請求をするクレジットカードで支払いをしている場合は、事前に支払い先のクレジットカードを変更しておくなどの準備が必要です。

借金を完済している場合のメリット

借金を完済している場合のメリットは、次の通りです。

  • 過払い金を取り戻すことができる

借金を完済している場合、過払い金を取り戻せることが最大のメリットです。しかし、借金を完済してから10年経つと、過払い金を取り戻すことが難しくなるので注意しなければなりません。

借金を返済中の場合のデメリット・メリット

借金を返済中の場合は、返済中の借金残高より過払い金が多ければ、過払い金を借金残高にあてることで借金を完済することができます。

しかし、過払い金より借金残高が多い場合は、借金が残ることになります。この場合は、借金を減額する手続きの“任意整理”の扱いになります。任意整理をすると借金を減らすことができますが、ブラックリストに載ってしまいます。

併せてチェック!

借金を返済中の場合のデメリット

借金を返済中の場合のデメリットは、次の通りです。

  • 借金が残ってしまった場合は5年程度ブラックリストに載る

借金を返済中の場合は、過払い金より借金残高が多ければ過払い金を残っている借金にあてたとしても、借金が残ることになります。

借金が残ってしまった場合は、借金を減額する手続きである任意整理の扱いになります。任意整理をすることで、借金を減額することができるので月々の返済の負担を減らせることができますが、ブラックリストに載ってしまいます。

ブラックリストに載ってしまうと、5年程度は貸金業者から借入ができず、クレジットカードも利用することができなくなります。また、住宅ローンや車のローンなどローンを組むことができなくなります。

ブラックリストに載りたくない場合は、借金を完済してから過払い金請求をするのも1つの方法です。

借金を返済中の場合のメリット

借金を返済中の場合のメリットは、次の通りです。

  • 過払い金で借金を完済できる可能性がある
  • 借金を減らすことができる

借金を返済中の場合でも借金残高より過払い金が多ければ、過払い金を残りの借金にあてることで借金を完済することができます。過払い金を借金にあてても残ったお金は、手元に残ります。また、過払い金で借金を完済できればブラックリストに載ることはありません。

そして、過払い金で借金を完済できなかったとしても、任意整理をすることで借金を減らすことができます。借金の返済が苦しかった場合は、毎月の返済額を減らすことができるでしょう。

併せてチェック!

過払い金請求での任意交渉と裁判のデメリット・メリット

過払い金請求は、貸金業者と話し合いによる「任意交渉」を行う場合と、貸金業者に提示された過払い金の金額や返還期日が納得できないとき「裁判」を行う場合の2つに分けられます。

任意交渉と裁判でそれぞれデメリット・メリットが異なりますので、詳しくご説明いたします。

任意交渉で過払い金請求をするデメリット・メリット

任意交渉で過払い金請求をする場合は、裁判を行わないためより早く過払い金を取り戻すことができます。また、裁判の費用がかからないため、過払い金請求にかかる費用を抑えることができます。

しかし、裁判で過払い金請求をするよりも取り戻せる過払い金が少ないです。過払い金を全額回収したい場合は、裁判が必要でしょう。

任意交渉で過払い金請求をするデメリット

任意交渉で過払い金請求をするデメリットは、次の通りです。

  • 取り戻せる過払い金が少なくなる

任意交渉での過払い金請求は、過払い金を全額回収することは難しいです。過払い金を全額回収したい場合は、裁判を行うのが有効です。

任意交渉で過払い金請求をするメリット

任意交渉で過払い金請求をするメリットは、次の通りです。

  • 裁判を行うより過払い金をはやく取り戻すことができる
  • 費用を安く抑えることができる

貸金業者と話し合いによる交渉(任意交渉)で、貸金業者から提示された過払い金の金額や返還期日が納得できず、和解できなかった場合に裁判を行います。そのため、裁判を行うより、過払い金をはやく取り戻すことができるのです。

また、裁判を行わないため費用を安く抑えることができます。

裁判で過払い金請求をするデメリット・メリット

裁判で過払い金請求をする場合は、過払い金を全額回収することができます。また、過払い金に利息をつけて取り戻すことができるでしょう。

しかし、裁判を行う場合は過払いを取り戻せるまでに時間と費用がかかります。

はやく過払い金を取り戻したいか、より多く過払い金を取り戻したいかで対応異なってくるでしょう。

裁判で過払い金請求をするデメリット

裁判で過払い金請求をするデメリットは、次の通りです。

  • 過払い金を取り戻すまでに時間がかかる
  • 裁判を行うことで費用が高くなる

貸金業者によって異なりますが、裁判をすることで6ヶ月~12ヶ月程度の時間がかかることもあります。一方、任意交渉の場合は、に3ヶ月~6ヶ月程度で過払い金を取り戻すことができるでしょう。

また、裁判を行う場合は任意交渉で過払い金請求をするより費用が高くなります。過払い金請求を弁護士や司法書士に依頼した場合は、成功報酬が20%から25%に上がります。

併せてチェック!

裁判で過払い金請求をするメリット

裁判で過払い金請求をするメリットは、次の通りです。

  • 過払い金を全額回収することができる
  • 過払い金に5%の利息をつけて取り戻すことができる

任意交渉の場合は、過払い金を全額回収することが難しく、貸金業者によっては発生している過払い金の金額から大幅に減額した金額を提示してくることもあります。しかし、裁判を行うと、発生している過払い金を全額回収することができます。

また、裁判を行った場合は過払い金に5%の利息をつけて取り戻すことができるのです。

過払い金請求で裁判を行うと、過払い金を取り戻すまでに時間がかかってもより多くの過払い金を取り戻したい場合は、裁判を行いましょう。

弁護士や司法書士に過払い金請求を依頼するデメリット・メリット

弁護士や司法書士に依頼した場合は、過払い金がいくら発生しているか確認する引き直し計算や貸金業者との交渉など、すべて弁護士や司法書士が対応してくれます。

また、過払い金請求の実績がある弁護士や司法書士であれば、より多くの過払い金を取り戻すことができるでしょう。

弁護士や司法書士に過払い金請求を依頼するデメリット

弁護士や司法書士に過払い金請求を依頼するデメリットは、次の通りです。

  • 弁護士や司法書士に依頼することで手数料がかかかる

過払い金請求を専門に扱う弁護士や司法書士であれば、相談料や着手金は無料である場合が多いですが、基本報酬、成功報酬、事務手数料などの費用が発生します。

弁護士や司法書士に過払い金請求を依頼するメリット

弁護士や司法書士に過払い金請求を依頼するメリットは、次の通りです。

  • 自分で過払い金請求をするより多く過払い金を取り戻せる
  • 弁護士や司法書士に依頼すれば時間や手間がかからない
  • 貸金業者からの督促が止まる
  • 家族や会社に内緒で過払い金請求をすることができる
  • 弁護士であれば対応できる金額の制限がない

貸金業者の多くは、任意交渉で発生している過払い金の金額より減額して和解交渉をしてきます。過払い金請求の経験がないと、貸金業者との交渉は難しいでしょう。

しかし、過払い金請求の実績がある弁護士や司法書士に依頼すれば、手続きもスムーズに進みより多く過払い金を取り戻すことができます。また、貸金業者からの督促も止まり、家族や会社に内緒で過払い金請求をすることが可能です。

そして、弁護士であれば対応できる金額に制限がありません。過払い金請求を司法書士に依頼すると、過払い金や借金がそれぞれ140万円を超える場合は司法書士では対応することができません。

そのため、弁護士に依頼した方が過払い金請求を解決できるのに一番の近道といえます。

自分で過払い金請求をするデメリット・メリット

自分で過払い金請求をする場合は、過払い金請求をしたい貸金業者から取引履歴を取り寄せして過払い金の引き直し計算をする必要があります。引き直し計算は間違えてしまうと、取り戻せる過払い金が少なくなったり過払い金請求ができなくなったりする可能性があります。

また、過払い金が発生していれば貸金業者に対して過払い金請求を行い、貸金業者と過払い金の金額などの交渉は自分で行わなければなりません。また、裁判となれば書面の作成も必要になり、時間や手間もかかるでしょう。

自分で過払い金請求をするデメリット

自分で過払い金請求をするデメリットは、次の通りです。

  • 弁護士や司法書士に依頼するより取り戻せる過払い金が少なくなる
  • 過払い金を取り戻せるまでに時間と手間がかかる
  • 貸金業者からの督促が止まらない
  • 家族にバレる可能性がある

貸金業者との交渉は過払い金の知識や過払い金請求の経験豊富でないと、難しいといえます。貸金業者は相手が個人のとき大幅に減額した金額を提示されることもあり、返還期日を先延ばしされることもあります。

また、自分で過払い金請求をする場合は貸金業者からの督促は止まりません。そのため、過払い金請求の手続き中でも返済する必要があります。しかし、弁護士や司法書士に依頼すれば、督促は止まります。

さらに、自分で過払い金請求をする場合は、貸金業者や裁判所からの書類は自宅に郵送されることが多いです。そのため、家族にバレてしまう可能性があります。弁護士や司法書士に依頼すれば、事務所が対応してくれますし、事務所からの書類の郵送がある場合は郵便局留めにするなど対応してくれます。

自分で過払い金請求をするメリット

自分で過払い金請求をするメリットは、次の通りです。

  • 弁護士や司法書士の手数料がかからない

自分で過払い金請求をすれば、弁護士や司法書士の手数料がかかりません。そのため、取り戻せた過払い金はすべて自分の手元に残ることになります。

過払い金請求をするときの注意点

過払い金請求をするときは、次のような注意点があります。

  • 過払い金が発生しない場合もある
  • 借金を完済してから10年経っている(時効になっている)
  • 貸金業者が倒産している
  • 貸金業者の経営状態によって取り戻せる過払い金が少なくなる可能性がある

それぞれ詳しくご説明いたします。

過払い金が発生しない場合もある

2010年に貸金業法が法改正されたため、2010年以降は過払い金が発生することはありませんが、2010年以前でも法定内金利での借入は過払い金が発生しません。

例えば、銀行カードローン、住宅ローン、自動車ローン、教育ローンなど法定内金利である低い金利での貸付のため、過払い金が発生しません。

借金を完済してから10年経っている(時効になっている)

過払い金請求には、時効があります。時効は、借金を完済してから10年です。借金を返済中であれば、時効にはなりません。

時効となると、過払い金を取り戻すことが難しくなります。そのため、借金を完済している場合は一日でもはやく過払い金請求しましょう。

いつ完済したか覚えていない場合でも、弁護士や司法書士であればお調べすることができます。きわみ事務所では、無料で調査することが可能です。お気軽にお問い合わせください。

貸金業者が倒産している

過払い金請求したい貸金業者が倒産している場合、過払い金請求をすることが難しいです。

2010年に貸金業法が改正され貸金業者への規制が強化されたことと、最高裁判所で過払い金請求が認められたことにより過払い金請求が増加したことにより、貸金業者の業績が悪化し倒産していることがあります。

大手貸金業者でも倒産してしまう可能性があります。過去に武富士が倒産したことが有名です。

しかし、例外的に吸収合併や債権譲渡が行われていた場合は、過払い金請求ができる可能性もあります。個人では判断することが難しいため、弁護士や司法書士に相談することをおすすめいたします。

貸金業者の経営状態によって取り戻せる過払い金が少なくなる可能性がある

倒産していないものの、経営状態が不安定な貸金業者は取り戻せる過払い金が少なくなったり、過払い金を取り戻せるまでの期間が長期化したりする可能性があります。

経営状態が安定している会社でも、いつ経営状態が悪化するかわかりません。そのため、過払い金請求ができるときに早めに過払い金請求をしましょう。

クレジットカードの過払い金請求で注意すること

クレジットカードの過払い金請求では、注意しなければならないことがあります。

クレジットカードのショッピング枠の支払いが残っている場合は、過払い金よりショッピング枠の支払い残高が多いとブラックリストに載ってしまう可能性があります。

クレジットカードの過払い金請求の注意点を詳しくご説明いたします。

ショッピング枠の支払いが残っている

クレジットカードにはキャッシング枠とショッピング枠の2つの機能があります。キャッシング枠は借金ですが、ショッピング枠は借金ではなく“立替金”です。そのため、キャッシング枠は過払い金が発生しますが、ショッピング枠は過払い金が発生しません。

また、キャッシング枠が過払い金請求できたとしてもショッピング枠の支払いが残っている場合は、ショッピング枠の支払い残高が過払い金より多いときはブラックリストに載ってしまいます。キャッシング枠で発生した過払い金をショッピング枠の支払いにあてても、ショッピング枠の支払いが残ることになるため、ショッピング枠の支払い残高を減額する手続きである“任意整理”の扱いになるのです。

クレジットカードの過払い金請求をするときは、ショッピング枠の支払いが残っていないか確認しましょう。

公共料金などの支払いをクレジットカード払いにしている

クレジットカードの過払い金請求をしたとき、そのクレジットカードは解約となるため利用できなくなります。また、過払い金請求したクレジットカードと同じ系列会社カードも利用できなくなります。

そのため、公共料金など過払い金請求したクレジットカードや同じ系列会社のカードで支払いをしていた場合は、事前に支払い先のクレジットカードを変更しておくなどの準備が必要になるのです。

クレジットカードが利用できなくなることを知らずに支払い先を変更していないと、未払いが続くなど生活に影響が出てしまうため注意しなければなりません。

クレジットカードのポイントが残っている

クレジットカードの過払い金請求をすると、クレジットカードは解約となるため利用できなくなり、同時にカードのポイントも失効します。そのため、過払い金請求をする前にポイント内で収まる程度にポイントを使い切ってしまう方がいいでしょう。

クレジットカードにETCカードが紐づいている

クレジットカードにETCカードが紐づいている場合は、そのクレジットカードを過払い金請求したらカードは利用できなくなるため、ETCカードとしても利用できなくなります。

そのため、ETCカードを利用している場合は他のクレジットカード会社でETCカードを発行するか、クレジットカードがなくても利用できるETCパーソナルカードを発行しておくといいでしょう。

過払い金請求をするなら弁護士に依頼するのがおすすめ

過払い金請求をするなら、弁護士に依頼することをおすすめします。

弁護士への手数料がかかりますが、過払い金請求に強い弁護士であればより多くの過払い金を取り戻すことができますし、過払い金や借金がそれぞれ140万円以上であっても対応することができます。

自分で過払い金請求をすると弁護士などの手数料がかかりませんが、弁護士より取り戻せる過払い金が少ない可能性が高いです。そのため、自分で過払い金請求をするよりも結果的に弁護士に依頼した方が手元に残った過払い金が多いこともあります。

きわみ事務所では、過払い金請求に強い弁護士が累計7億以上の実績をあげています。相談を無料で受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

弁護士法人きわみ事務所
代表弁護士 増山晋哉
登録番号:43737

昭和59年大阪府豊中市生まれ。平成21年神戸大学法科大学院卒業後、大阪市内の法律事務所で交通事故、個別労働紛争事件、債務整理事件、慰謝料請求事件などの経験を積み、平成29年2月独立開業。

きわみ事務所では全国から月3,500件以上の過払い・借金問題に関する相談をいただいております。過払い金請求に強い弁護士が累計7億円以上の過払い金返還実績を上げていますので、少しでもお困りのことがあれば無料相談をご利用ください。

過払い金請求とは?過払い金の発生条件と請求条件

借金問題の解決方法