過払い金

アコムに過払い金請求ができる条件と期間【2020年版】

アコムは、有名タレントを起用したCMで積極的に宣伝を行っていることもあり、聞きなれた大手消費者金融で三菱UFJファイナンシャル・グループの子会社です。

アコムで借入をしたことがあるすべての人が、アコムに対して過払い金請求をできるわけではありません。アコムで借入をしていても、過払い金請求できる場合と、過払い金請求できない場合があります。

アコムの過払い金請求できる条件は、2007年6月17日以前に借入をしていることです。

ここでは、アコムに過払い金請求できる条件、アコムから過払い金が戻ってくるまでの期間、アコムに過払い金請求をするメリット・デメリットや注意点などをご説明いたします。

目次
  1. 1. アコムの過払い金の発生条件
    1. 1.1. アコムの過払い金が発生する仕組み
    2. 1.2. アコムの過払い金請求の特徴とは
  2. 2. アコムに過払い金請求ができる条件
  3. 3. アコムに過払い金請求ができなくなる条件
    1. 3.1. アコムが倒産してしまう
    2. 3.2. 借金を完済してから10年経っている(時効になっている)
    3. 3.3. 示談書などで過払い金請求の権利を放棄している
  4. 4. アコムに過払い金請求をするときの注意点
    1. 4.1. アコムマスターカードでショッピング枠の支払いが残っている
    2. 4.2. DCキャッシュワンからの借入を返済中の場合
    3. 4.3. じぶんローンからの借入を返済中の場合
    4. 4.4. バンクイックからの借入を返済中の場合
    5. 4.5. アコムカード・アコムマスターカードは解約になる
    6. 4.6. 住宅ローンへの影響
  5. 5. アコムから過払い金が戻ってくるまでの期間
  6. 6. アコムに過払い金請求をするメリット・デメリット
    1. 6.1. 借金完済後にアコムの過払い金請求をするメリット
    2. 6.2. 借金完済後にアコムの過払い金請求をするデメリット
    3. 6.3. 借金返済中にアコムの過払い金請求をするメリット
    4. 6.4. 借金返済中にアコムの過払い金請求をするデメリット
    5. 6.5. アコムの過払い金請求で裁判をするのにデメリットはある?
  7. 7. アコムへの過払い金請求は弁護士に依頼するのがおすすめ
  8. 8. アコムへの過払い金請求を自分で行う場合のデメリット
  9. 9. アコムの過払い金請求の流れ
    1. 9.1. アコムから取引履歴を取り寄せ
    2. 9.2. 過払い金の引き直し計算
    3. 9.3. アコムへ過払い金請求書を送る
    4. 9.4. アコムと話し合いによる交渉を行う
    5. 9.5. 過払い金請求の裁判を行う
    6. 9.6. アコムから過払い金が返還
  10. 10. アコムの過払い金請求にかかる費用
  11. 11. アコムの会社概要

アコムの過払い金の発生条件

アコムに過払い金が発生する条件は、2007年6月17日以前に借入をしたことがあることです。

アコムは2007年6月18日に金利の見直しを行いました。2010年に貸金業法が改正されることが決定したため、2007年頃からアコムと同様に他の貸金業者も金利を見直しました。金利の見直しを行う前の2007年6月17日までは、グレーゾーン金利である最高で27.375%の高い金利で貸付を行っていました。

そのため、アコムで2007年6月17日以前に借入をしていたことがあれば、過払い金が発生している可能性があります。金利の見直しを行った2007年6月18日以降の借入は、 法定金利内である20%以下の金利での貸付のため、過払い金が発生することはありません。

併せてチェック!

アコムの過払い金が発生する仕組み

アコムに過払い金が発生するのは、どういう仕組みなのでしょうか。

貸金業法が改正される前までは、利息制限法の上限金利(15%~20%)を超え、出資法の上限金利(29.2%)を超えない高い金利で貸付が行われていました。アコムに限らず、利息制限法の上限金利(15%~20%)を超えるグレーゾーン金利での取引は過払い金が発生します。その利息制限法は、借入額によって上限金利が異なります。

利息制限法の上限金利
借入額が10万円未満 上限金利20%
借入額が10万円以上100万円未満 上限金利18%
借入額が100万円以上 上限金利15%

過払い金は借入金額と返済回数によって変わる

過払い金の金額は、借入金額と返済回数によって変わります。

借入金額が大きく返済回数が多いと、その分アコムに利息を多く支払っているため、過払い金の金額も多くなります。
アコムへの借金の返済方法の1つにリボルビング払いがありますが、リボルビング払いで返済をしている場合、返済回数が多いため過払い金の金額が多くなります。

アコムの上限金利の変更

アコムは2007年6月18日に金利の変更をしていますが、過去にも金利の変更を行っています。

金利を変更した年 金利の上限
1987年 36.500%
1988年 32.850%
1989年 29.200%
1995年 28.470%
1997年 27.375%
2007年 18.000%

2007年より前に借入をしているほど、高い金利で借入をしているため、過払い金の金額は多くなる可能性があります。

アコムの過払い金請求の特徴とは

アコムは三菱UFJファイナンシャル・グループの子会社で、東証一部上場企業です。経営不振の貸金業者だと過払い金の交渉が難航することもありますが、アコムは過払い金の交渉はスムーズに進むでしょう。

またアコムは、和解成立からはやくて3ヶ月程度で入金されることもあります。

アコムに過払い金請求ができる条件

アコムに過払い金請求ができる条件は、2007年6月17日以前にアコム・アコムマスターカード(ACマスターカード)で借入をしたことがあることです。

アコムの借金を完済・返済中に関わらず、過払い金請求をすることができます。

アコムのカードでは「ACカード」が有名です。アコムのカードの中で、過払い金が発生する代表的なカードともいわれます。
アコムマスターカードでは、クレジット機能がついており、キャッシング枠とショッピング枠の2種類使用することができますが、キャッシング枠の利用分のみ過払い金請求をすることができます。

しかし、アコムマスターカードだけでなくクレジット機能がついているカードのショッピング枠は、借金ではなく立替金です。そのため、アコムマスターカードのショッピング枠は過払い金が発生することはありません。

アコムに過払い金請求ができなくなる条件

アコムに過払い金請求ができなくなる条件は、次の通りです。

  • アコムが倒産してしまう
  • 借金を完済してから10年経っている(時効になっている)
  • 示談書などで過払い金請求の権利を放棄している

アコムに過払い金請求できる条件は、2007年6月17日以前にアコム・アコムマスターカード(ACマスターカード)で借入をしたことがあることです。しかし、上記に当てはまる場合は、アコムに過払い金請求をすることができなくなります。

アコムが倒産してしまう

アコムは三菱UFJファイナンシャル・グループの子会社で経営は安定してるため、倒産する可能性は低いといえます。しかし、大手消費者金融であっても、倒産してしまうこともあります。過去に大手消費者金融として有名だった武富士が倒産しています。

もしアコムが倒産してしまうと、アコムに対して過払い金請求をすることができなくなります。

借金を完済してから10年経っている(時効になっている)

過払い金請求には、時効があります。時効は、借金を完済してから10年です。アコムの借金を完済してから10年経っている場合は、過払い金請求ができなくなります。 そのため、時効を迎える前にアコムに過払い金請求をするべきでしょう。

アコムの借金をいつ完済したのか覚えていない場合であっても、弁護士や司法書士であれば調べることができますので、まずはきわみ事務所の無料相談をご利用ください。

併せてチェック!

示談書などで過払い金請求の権利を放棄している

アコムへ借金の返済が厳しくなったときに、アコムから利息を免除してもらう示談書をアコムと取り交わしている場合があります。この示談書に過払い金請求の権利を放棄するという内容が記載されていると、過払い金請求ができなくなります。

示談書に過払い金請求の権利を放棄する内容が記載されていなければ、過払い金請求ができることもありますが専門家に相談することをおすすめいたします。

アコムに過払い金請求をするときの注意点

アコムに過払い金請求をするとき、アコムマスターカード(ACマスターカード)、DCキャッシュワン、じぶん銀行、バンクイック、で借入がある場合は注意が必要です。

それぞれ詳しくご説明いたします。

アコムマスターカードでショッピング枠の支払いが残っている

アコムではアコムマスターカードというクレジット機能がついたショッピングにも使用できるクレジットカードを発行しています。そのアコムマスターカードのキャッシング枠は過払い金請求ができますが、ショッピング枠は過払い金請求ができません。

アコムマスターカードのキャッシング枠を過払い金請求をしたとき、ショッピング枠の支払いが残っていると過払い金がショッピング枠の支払いにあてられます。そして、過払い金よりショッピング枠の支払い残高が多かった場合、ブラックリストに載ってしまうので注意が必要です。

そのため、アコムマスターカードでショッピング枠を利用していた場合、支払いが残っていないか確認しましょう。

DCキャッシュワンからの借入を返済中の場合

アコムは2009年5月1日に株式会社DCキャッシュワンを吸収合併しました。DCキャッシュワンは、現在のauじぶん銀行の「じぶんローン」です。DCキャッシュワン、じぶんローンは、利息制限法の金利(15%~20%)内での貸付のため、過払い金が発生していることはありません。

DCキャッシュワンの借金を返済中の場合、アコムでの借金を完済していても完済扱いにはなりません。この場合、アコムに過払い金請求をしたら過払い金がDCキャッシュワンの借金返済にあてられます。過払い金でDCキャッシュワンの借金を完済できなければ、ブラックリストに載ってしまいます。

そのため、DCキャッシュワンからの借入を返済中の場合、借金の残高を確認しましょう。

じぶんローンからの借入を返済中の場合

アコムはじぶんローンの保証会社になっています。じぶんローンの借入を返済中の場合、アコムで完済をしていても完済扱いにはなりません。
アコムに過払い金請求を行うことによって、ブラックリストに載ってしまう可能性があります。

アコムはじぶんローン以外にも、バンクイック(三菱UFJ銀行)、ソニー銀行、セブン銀行などのカードローンの保証会社になっています。カードローンの返済が残ったままアコムに過払い金請求をすると、ブラックリストに載ってしまう可能性があります。カードローンの支払いが残っていないか確認しましょう。

バンクイックからの借入を返済中の場合

アコムはバンクイック(三菱UFJ銀行)の保証会社になっています。バンクイックの借入を返済中の場合、アコムで完済をしていても完済扱いにはなりません。
アコムに過払い金請求を行うことによって、ブラックリストに載ってしまう可能性があります。

アコムはバンクイック(三菱UFJ銀行)以外にも、じぶんローン、ソニー銀行、セブン銀行などのカードローンの保証会社になっています。カードローンの返済が残ったままアコムに過払い金請求をすると、ブラックリストに載ってしまう可能性があります。カードローンの支払いが残っていないか確認しましょう。

アコムカード・アコムマスターカードは解約になる

アコムに過払い金請求をすると、アコムカード・アコムマスターカードは解約になるため利用できなくなります。再びアコムカード・アコムマスターカードを利用したい場合は、過払い金請求の手続きを終えてからになります。

アコムの借金を完済した場合の過払い金請求であれば、アコム以外の貸金業者から借入やクレジットカードの新規作成をすることができます。

住宅ローンへの影響

アコムに過払い金請求をしても、すでに組んでいる住宅ローンへの影響はありません。住宅ローン以外の自動車ローンや教育ローンへも同様にローンへの影響はありません。また、新たに組む住宅ローンへの影響もありません。住宅ローンへなどの審査は、年齢、年収、借入金額などを総合的に判断した結果で決まります。

アコムの借金を返済中に過払い金請求をして、過払い金よりも借金残高が多かった場合は、ブラックリストに載ってしまいます。そのため、新たに住宅ローンを組むときに審査が通りにくくなります。

アコムから過払い金が戻ってくるまでの期間

アコムから過払い金が戻ってくるまでどれくらいの期間がかかるのでしょうか。

アコムから過払い金が戻ってくるのに、話し合いによる交渉の場合と裁判を行う場合で過払い金が戻ってくるまでの期間が異なります。また、取り戻せる過払い金の金額も異なります。

話し合いによる交渉の場合、2ヶ月程度で過払い金が戻ってきますが、過払い金を全額回収することは難しいでしょう。

一方、裁判を行う場合は、裁判に4ヶ月~6ヶ月程度の期間がかかります。また、過払い金に利息をつけて取り戻す場合は、8ヶ月程度かかることもあります。しかし、裁判を行うと過払い金を戻ってくるまでに期間は長くなりますが、過払い金を全額回収することができます。

アコムは和解成立から3ヶ月程度で入金されます。

アコムから過払い金を取り戻すまでに期間はかかっても、より多くの過払い金を取り戻したい場合は、裁判が必要でしょう。アコムは過払い金請求を数多く経験しているため、話し合いによる交渉や裁判でアコムが有利になるよう交渉してきます。そのため、過払い金請求の実績がある弁護士や司法書士などの専門家に依頼することをおすすめいたします。

きわみ事務所では、過払い金請求に強い弁護士が累計7億以上の実績をあげています。相談を無料で受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

アコムに過払い金請求をするメリット・デメリット

アコムに過払い金請求をするメリット・デメリットは、借入状況によって異なります。

借金を完済した後に過払い金請求をする場合と、借金を返済中に過払い金請求をする場合でそれぞれ詳しくご説明いたします。

借金完済後にアコムの過払い金請求をするメリット

借金を完済後にアコムの過払い金請求をするメリットは、アコムから過払い金が戻ってくることです。

借金を完済していれば、過払い金請求をするデメリットはほとんどありません。しかし、過払い金請求には、時効があります。借金を完済してから10年経っていると、過払い金請求をすることができなくなってしまうので、時効を迎える前に過払い金請求をしましょう。

借金完済後にアコムの過払い金請求をするデメリット

借金を完済後にアコムの過払い金請求をするデメリットは、アコムから借入ができなくなることです。また、アコムマスターカードの利用もできなくなります。

アコムの借金を完済した後に過払い金請求をした場合、ブラックリストに載ることもないので、デメリットはほとんどありません。アコムからの借入やアコムマスターカードの利用はできなくなりますが、アコム以外の消費者金融の借入やクレジットカードの新規作成をすることは可能です。

しかし、時効を迎えてしまうと過払い金が取り戻せなくなります。また、アコムが倒産する可能性は低いものの、アコムが倒産してしまうと過払い金請求をすることができません。過払い金請求ができなくなる前に、はやめにご相談ください。

借金返済中にアコムの過払い金請求をするメリット

借金を返済中にアコムの過払い金請求をするメリットは、アコムやDCキャッシュワンの借金、アコムマスターカードのショッピング枠の支払い残高を減らすことができる、または完済することができます。

アコムに過払い金請求をしたとき、アコムやDCキャッシュワンの借金、アコムマスターカードのショッピング枠の支払い残高より過払い金が多い場合は、過払い金を借金やショッピングの支払いの返済にあてることによって、完済することができます。さらに、返済にあてても余った過払い金は手元に残ります。

過払い金で借金の返済、ショッピングの支払いの返済を完済することができれば、ブラックリストに載ることもありません。

借金返済中にアコムの過払い金請求をするデメリット

借金を返済中にアコムの過払い金請求をするデメリットは、ブラックリストに載る可能性があることです。

アコムに過払い金請求をすれば、アコムやDCキャッシュワンの借金、アコムマスターカードのショッピング枠の支払い残高を減らすことができますが、借金を減額する手続きの任意整理の扱いになります。任意整理になると、ブラックリストに載ってしまいます。

ブラックリストに載りたくない場合は、アコムやDCキャッシュワンの借金、アコムマスターカードのショッピング枠の支払い残高を減らしてから、過払い金請求をするのも一つの方法です。

アコムの過払い金請求で裁判をするのにデメリットはある?

アコムの過払い金請求で裁判を行ったときのデメリットは、過払い金を取り戻せるまでに時間がかかることです。話し合いよる交渉をした場合、2ヶ月程度で過払い金が取り戻せますが、裁判を行った場合、4ヶ月~6ヶ月程度の時間がかかります。また、状況によっては12ヶ月程度かかることもあります。

しかし、裁判を行った場合、過払い金を全額回収することができます。さらに、過払い金に5%の利息をつけて取り戻せることができるのです。過払い金が高額である場合は、取り戻せる過払い金の金額が大きく変わってきます。利息は過払い金が発生したときからつくため、アコムとの取引期間が長ければ長いほど、過払い金の利息も大きくなります。

過払い金を取り戻せるまでに時間がかかっても、より多くの過払い金を取り戻したい場合は、裁判を行う方がいいでしょう。過払い金請求で裁判を行う場合は、専門家に相談することをおすすめいたします。

アコムへの過払い金請求は弁護士に依頼するのがおすすめ

アコムへの過払い金請求は弁護士に依頼することをおすすめいたします。なぜなら、次のようなメリットがあるからです。

  • 時間や手間がかからない
  • 自分で過払い金請求をするより多く過払い金を取り戻せる
  • アコムからの督促が止まる
  • 家族や会社に内緒で手続きをすることができる
  • 弁護士であれば対応できる金額の制限がない

過払い金請求を自分で行うこともできますが、時間も手間もかかります。また、引き直し計算を間違えてしまうと、取り戻せる過払い金が少なくなったり過払い金請求ができなくなったりもします。しかし、弁護士に依頼することで、より多くの過払い金を取り戻すことができるのです。

また、弁護士に依頼することでアコムからの督促も止まり、家族や会社に内緒で手続きをすることが可能です。過払い金請求を専門に扱う弁護士に依頼することで、相談もスムーズに進みます。

過払い金請求を司法書士に依頼すると、過払い金や借金が140万円を超える場合、司法書士では対応することができません。また、過払い金請求で裁判へ移行することになった場合、司法書士は「少額訴訟事案」に限定されており、代理人として対応できるのは簡易裁判のみとなります。

しかし、弁護士であれば制限がないため、過払い金や借金が140万円を超える場合でも対応することができます。裁判を行うことになったとしても、弁護士なら制限がありません。

また、アコムは過払い金が多く発生している貸金業者です。そのため、過払い金が140万円を超える場合でも安心して依頼することができます。弁護士に依頼した方が解決できるのに一番の近道といえます。

アコムへの過払い金請求を自分で行う場合のデメリット

アコムへの過払い金請求を自分で行うことは可能です。弁護士や司法書士などの専門家に依頼しないため費用を安く抑えるメリットがありますが、次のようなデメリットがあります。

  • 時間と手間がかかる
  • 取り戻せる過払い金が少なくなる可能性がある
  • 家族にバレる可能性がある

過払い金請求を自分で行う場合、時間も手間もかかります。アコムから取引履歴を取得して、引き直し計算をしなければなりません。その引き直し計算を間違えてしまうと、取り戻せる過払い金が少なくなったり、過払い金請求ができなくなったりする可能性もあります。

また、アコムや裁判所からの書類は自宅に郵送されることが多いです。そのため、家族にバレる可能性があるのです。

しかし、弁護士に依頼することで時間も手間もかかりません。また、弁護士に依頼するときに家族に内緒で手続きをしたいと伝えることで、弁護士から送られてくる書類を郵便局留めにしてもらえるなどの対応をしてくれます。過払い金請求に関する知識がなくても、弁護士がすべて対応してくれるので安心です。

アコムの過払い金請求の流れ

アコムの過払い金請求の流れは、次のように進みます。

  • アコムから取引履歴を取り寄せ
  • 過払い金の引き直し計算
  • アコムへ過払い金請求書を送る
  • アコムと話し合いによる交渉を行う
  • 過払い金請求の裁判を行う
  • アコムから過払い金が返還
併せてチェック!

アコムから取引履歴を取り寄せ

アコムへ過払い金請求をするのに、アコムから取引履歴を取り寄せます。

アコムの取引履歴は、直接窓口へ行く、電話で問い合わせをする、アコムの公式サイトから個人情報開示申込書をダウンロードしてアコムへ郵送する、3つの方法があります。詳しくは、アコムの公式サイトを確認しましょう。

アコムは取引履歴の保管期間が長いです。30年前の取引であっても取引履歴が取り寄せることができます。

過払い金請求を弁護士や司法書士に依頼した場合、取引履歴を取り寄せするのも弁護士や司法書士が対応してくれます。

アコムの問い合わせ窓口:0120-036-390
アコム公式サイトより

過払い金の引き直し計算

アコムから取引履歴を取り寄せたら、過払い金がいくらあるか引き直し計算をします。

引き直し計算は、インターネットで無料でダウンロードできる計算ソフトを利用して計算することができます。アコムから取り寄せた取引履歴に記載されている借入金額、借入日、返済金額、返済日、金利を計算ソフトに入力します。

自分で引き直し計算をする場合、引き直し計算を間違えないように注意しなければなりません。計算を間違えてしまうと、過払い金の金額が少なくなったり過払い金請求できなくなったりもします。

弁護士や司法書士の専門家に依頼することによって、正確な過払い金の金額を知ることができるでしょう。きわみ事務所では、相談を無料で受け付けております。過払い金の引き直し計算も無料で受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

アコムへ過払い金請求書を送る

過払い金の引き直し計算で過払い金の金額がわかったら、アコムへ「過払い金返還請求書」と「引き直し計算書」を送ります。

誰が、いつ、どこに送ったか、送った証明と受け取った証明ができるように、必ず内容証明郵便で送ります。

アコムと話し合いによる交渉を行う

アコムに過払い金返還請求書と引き直し計算を送ったら、アコムと話し合いによる交渉を行います。話し合いによる交渉は、アコムの担当者から電話で連絡がきます。

アコムの担当者と電話で過払い金の返還金額や返還期日を交渉します。

自分で交渉をする場合、希望の返還金額を主張しなければなりません。アコムの担当者は過払い金請求の交渉の経験豊富なプロです。

過払い金請求の裁判を行う

話し合いによる交渉でアコムから提示された過払い金の返還金額や返還期日に納得ができない場合は、過払い請求の裁判を行います。

裁判が始まった後、アコムから話し合いによる交渉で希望していた返還金額を提示され、和解交渉の申し出をされることもあります。
提示内容に納得できれば和解しますが、納得できなければ裁判を行うことになります。

自分で裁判を行う場合、訴状、証拠説明書、引き直し計算書、代表者事項証明書(登記簿謄本)、収入印紙を用意する必要があります。
また、裁判が行われるのは平日のみです。仕事をしている場合は、休んで裁判所に出廷しなければなりません。

弁護士や司法書士の専門家に依頼した場合、必要書類の準備、裁判所への出廷、裁判所とのやりとりはすべて専門家が対応してくれます。

過払い金請求の裁判を行うと、過払い金を全額回収できます。
しかし、アコムから借入と返済を繰り返している場合は、裁判で争点となりやすいです。例えば、1回目の借金を完済できた後に、2回目の借金をした場合、1回目と2回目の借金をひとつの取引とみなすか、別々の取引とみなすかで、過払い金の返還金額が変わってくるのです。この場合、アコムも弁護士をつけて争ってきます。

このひとつの取引とみなす一連取引であるか、別々の取引とみなす分断取引であるかは、弁護士などの専門家でないと判断が難しいです。そのため、アコムから借入と返済を繰り返している場合は、弁護士や司法書士の専門家に相談することをおすすめいたします。

併せてチェック!

アコムから過払い金が返還

アコムと話し合いによる交渉で和解をするか、裁判で勝訴すれば、過払い金が返還されます。

弁護士や司法書士の専門家に依頼した場合は、過払い金から費用を清算してから返還されます。

アコムは和解成立、裁判で勝訴してから、はやくて3ヶ月程度で入金されることもあります。

アコムの過払い金請求にかかる費用

きわみ事務所では、過払い金請求の相談・着手金は無料で受け付けております。過払い金が発生しているか調査した結果、過払い金が発生していない場合の費用はかかりません。

  • 相談:無料
  • 着手金:無料
  • 基本報酬:40,000円
  • 解決報酬:20,000円程度
  • 事務手数料:20,000円
  • 過払い金報酬:返還額の20%~

きわみ事務所では、過払い金請求に強い弁護士が累計7億円以上の実績をあげています。少しでもお困りごとがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

アコムの会社概要

アコムは有名タレントを起用したCMで有名な大手消費者金融です。

アコムは、1979年12月に消費者金融業界ではじめて年中無休の24時間稼働のATMを設置しました。さらに、カードローンにリボ払いシステムを導入し、サービスを拡大していきました。また、1993年には自動契約機「むじんくん」を導入し、消費者金融のイメージを一新させたCMで一躍知名度を上げていったのです。そして、1996年に東証一部上場企業になりました。

アコムは2019年12月末時点で営業貸付金が8,352億円でした。貸付金が多ければ過払い金の発生も多いです。そのため、アコムは過払い金の発生が多い消費者金融といえるのです。

現在は法定内金利での貸付のため過払い金が発生することはありませんが、アコムから2007年6月17日以前に借入をしたことがあれば、過払い金が発生している可能性が高いです。時効を迎える前に一日でもはやく弁護士に相談することをおすすめいたします。

商号 アコム株式会社
ホームページ https://www.acom.co.jp/
本社所在地 東京都千代田区丸の内2-1-1 明治安田生命ビル
創業 1936年4月2日
設立 1978年10月23日
資本金 638億3,252万円
貸金業者登録番号 関東財務局長(13)第00022号
その他 三菱東京UFJ銀行カードローン(バンクイック)、DCキャッシュワン、じぶん銀行カードローン
弁護士法人きわみ事務所
代表弁護士 増山晋哉
登録番号:43737

昭和59年大阪府豊中市生まれ。平成21年神戸大学法科大学院卒業後、大阪市内の法律事務所で交通事故、個別労働紛争事件、債務整理事件、慰謝料請求事件などの経験を積み、平成29年2月独立開業。

きわみ事務所では全国から月3,500件以上の過払い・借金問題に関する相談をいただいております。過払い金請求に強い弁護士が累計7億円以上の過払い金返還実績を上げていますので、少しでもお困りのことがあれば無料相談をご利用ください。

過払い金請求できる金融業者一覧へ戻る

過払い金請求できる金融業者一覧

借金問題の解決方法